So-net無料ブログ作成
ORIENTE VELOCE ブログトップ

パーツ洗浄台修理 [ORIENTE VELOCE]

ツール王国という怪しげな通販工具があった。
割と安いので数回利用したことがあるが、ま、長続きしなかったですな。

そこで購入した一番の大物がパーツ洗浄台だ。
全く同じものをストレートでも扱っていたが、それより数割は安かったと記憶している。

最近まで問題なく動いていたが、750TURBOのアウターチューブを洗浄する際に、
洗浄液用のポンプが動かないことに気が付いた。
最近、何かやろうとすると修理だ整備だと追われる始末。
日頃のメンテは重要ですな。


さて、その場で点検したところ、洗浄液(灯油)による樹脂の変形が発生してポンプが
ロックしていた。
早速ググッて代替品を探すが何処も品切れ。
ストレートも扱いを終了している。ま、そんなに売れるもんじゃないし、大きいと邪魔だし、
動きの悪い商品だったのだろう。

PA191537.JPG
取り外して蓋を開けてみた。
内部には安っぽい大きなポンプが鎮座しているが、筐体の変形が大きく、接続のユニオンも
下側のストレーナも脱落していた。修正不能。

代わりのポンプは無いものか・・・と探すも代替品は無し。
100v駆動の灯油ポンプなんか見当たらない。
家庭用の電動灯油ポンプを改造しようかと思ってみたりもしたが、よくよく考えると
自動車用の燃料ポンプが使えるのではないか?

早速某オクで3番目くらいに安かったテリオスキッド用の中古ポンプをゲット。
とりあえず分解する。

PA191538.JPG

なんてこと無いフツーの燃料ポンプだ。

これを・・・

PA191540.JPG

分解してこんな感じで詰め込んでみた。
エルボとエアホースの接続金物を使って向きを変え、自動車用の燃料ホースを接続。

PA191541.JPG

10Aのフューズを入れてコンセントはワニ口クリップに交換。

PA191542.JPG

試運転!
電源はその辺に転がっている自動車用バッテリー。
勢いが良すぎるのではないかと心配していたが、程々で良い感じだ。
早速来週末くらいにフロントフォークの組み立てで活躍する予定。


高速カッター修理 [ORIENTE VELOCE]

最近は週末になると溶接ばかりしている。

正確には溶接の練習を兼ねて、ガレージ前の側溝の蓋を製作している。
イクラ製の交流アーク溶接機だが、これまた難しい。

こればっかりは練習を重ねるしかない。

で、その材料を高速カッターで切り出していたのだが、あまりにも酷い騒音と振動に
嫌気が差したので、とりあえず分解してみた。

年代ものの新ダイワ製でした。
天理の車屋が使っていたらしいが、ガタガタになって廃棄するというので
義父が貰って来たらしい。それを更に私が貰い受けたのだ。

P7121376.JPG

このように減速されている。
このギアを支えるベアリングがガタガタだ。

プーラーで引き抜いて・・・・

P7131378.JPG

新しいベアリングをプレスで圧入。

たっぷりグリスを塗って・・・組もうとしたところ、モーターのベアリングも駄目なことを発見。
とりあえず使用せねばならないのでこのまま組み立てた。

結果は、音は2/3位に、振動は激減した。回転数も高くなったような気がする。
モーターはについては後日ベアリングを調達して組みなおそう。

コンプレッサー修理その2 [ORIENTE VELOCE]

さて、コンプレッサー修理第2弾。

P7061380.JPG

燃えてしまった中華コンプレッサーの配線。

短く切り詰めて、新しい圧着端子を付けておっかなびっくりスイッチON

当たり前のように動きました。

よくよく考えてみると、何でこんなに焦げちゃったのか思い当たるフシが・・・・

暫く前からオートストップがイマイチ不調で、頻繁に発停を繰り返したり、、再始動しなかったり
妙な症状が時々出ていたのだ。

恐らくこの焼け焦げた部分が断線気味で、接触不良を発生していたのだろう。
そのうちだんだん抵抗が大きくなってきて、発熱。溶断に至ったものと推定。

時々内部点検はやるべきかな。

とにかくこれで、全部の設備が使えるようになった。

コンプレッサー修理その1 [ORIENTE VELOCE]

私は全部で4台のコンプレッサーを所有している。
重整備用の5PS、ガソリンスタンドがセルフに改装する際に廃棄となる筈だったものを貰った。
そして半世紀ほど前のアンティークの川西、これは100Vモーターに換装されているようだ。
私が物心付く前からウチにあった。現在実家に置いてある。
普段使いの100Vポータブル。ホームセンターで購入した中華圧縮機だ。

そして、今回の俎板に乗るのは日立製ベビコン2.2kwだ。

これは義父に貰ったもので、ウチに来てから4年ほどになる。
が、一度も回していなかったのだ。

理由は、回してみる前にオイル交換をしたのだが、その廃油に無数の異物が入っていた為だ。
金属粉も凄く、これは回してはいけないと判断してお蔵入りとなっていた代物だ。
また、当時は電源が外部に無く、配線を加工する必要もあったので面倒臭くなり、
そのまま放置となってしまった。

何で今頃直す気になったかというと、ポータブルのコンプレッサーが壊れてしまい、
かといって5PSではタイヤにちょっと空気を入れるのにも大袈裟だ。
それ以前にモーターのベアリングがお亡くなりになっていて、非常に騒々しくて
稼働中はラジオの聴取はおろか会話すらままならないのだ。

とりあえず諸般の事情でぽっかり休みとなった本日、修理を敢行してみた。

まずは分解。
P6181358.JPG

こんなところに押し込んであるので結構苦労してコンプレッサーを取り外した。

出してみると見慣れぬものがプーリーに・・・
P6181360.JPG

なんじゃこりゃ?

P6181361.JPG

どうやら土蜂の巣のようだ。
こんなデカイのは見たことが無い。
何層にも壁が築かれているので増築を繰り返したか?
田舎の山奥に住んでるといろんな連中を目にするもんだ。
熊蜂やスズメバチでなかったのが幸い。

P6181362.JPG

とりあえず、プーリー側のカバーを外してみた。
良くありがちな構成で、カバーが軸受けを兼ねている。
内部は真っ黒けでなにやら白い物体が沈んでいる。

P6181363.JPG

なんだろう?樹脂の破片が散乱していた。
キャップ状のものだと推測できるが、かなり長い間内部でかき回されていたようで、
角が磨り減って丸くなってしまっている。
以前出てきた異物はこれか?

クランクの大端部メタルが破損していると思っていたが、どうやら問題無い様子。
コンロッドも2サイクルのエンジンみたいなクランクを割らないと外れない構造で、
そこまで分解する必要は無いと判断して、クランクケース内を掃除して組み立てた。

新しい油を入れ、ベルトを張り直してから試運転してみた。

予想外に静かに回る。
見ている間に7kに達し、アンローダー運転に入った。
エアを放出すると負荷運転に切り替わる。アンローダーも良好の模様。

何らかの異物が入っていて、内部で粉砕されたのか?
本体に異常は無いようなので、これで修理完了とした。
このコンプレッサーは塗装やブラスト作業で活躍する予定。



設備増強? [ORIENTE VELOCE]

一通りのポンコツ弄りができる環境にある我が家の車庫というか作業小屋というか、
工房というか、ガラクタ置き場というか・・・さまざまな形容詞が付くであろう、
ウチの床下スペースに新設備導入となった。

これが件の新設備。
四尺高速精密旋盤だ。
P5111255.JPG

なんだかバッチイが一応半年ほど前まで実働していた機材だ。

新設備・・・
P5111256.JPG

昭和39年!!!

・・・うーむ。

まぁ、持ち物を考えれば年式的には合っていると考えることもできよう。
ホントかよw

後はフライスがあれば大抵の切削加工が可能になる。
素人なので、これでも使いこなせるか疑問なのだが、ま、頑張るとしようか。
何事も経験と鍛錬だ。

これを納めるためにガレージ内の大掃除をやった。
何でこんなに物があるのかとやってて嫌になったが、まぁ、仕方ない。
要不要を選り分けながらやってたが、二日かかっても片付かなかった。
大量の廃棄物が出たことは言うまでも無い。

シャッター前のポーチも片付いたので、ま、好しとしよう。

VELOCEのお仕事 [ORIENTE VELOCE]

今日の俎上はこれ。

P4261255.JPG

さて、何のヘッドでしょうか?

国産国内販売車両で初のインジェクション搭載車です。

残念ながら、キャブレターに換装されていましたが・・・・

P4261256.JPG

バルブシートはいつもの如くベタ当たりです。
お約束という奴ですね。
30度の面が完全に消失していました。

30度、60度の切削を行った後、45度を形成して幅を調整して加工完了。
コンパウンドで当たりを出して納品します。

石灰状のスケールが分厚く堆積していることから、オイル下がりもあった模様です。
あんまり調子良さそうじゃないですが、これを機に生まれ変わって走って貰えればと
思いますねぇ。

VELOCEの仕事 [ORIENTE VELOCE]

最近は自分の持ち物で手一杯で開店休業状態でしたが、時々外部の仕事もやってます。

P4191213.JPG

某所より依頼されたシリンダーヘッド。
バルブシートの当たり面が沈み込んでいるのと異物の噛み込みでボロボロ。

ここで問題。何のシリンダーヘッドでしょうか?

P4201214.JPG

修正ツールをセットして切削加工します。

P4201216.JPG

通常は45°の面を軽くさらってから60°と30°の面を追い込んで当たり幅を出すのですが、
あまりにも内当り過ぎるのと傷が酷いので60°面から切削開始。

ところが、この年代のシート角度は55°なので奥側ばっかり削れて45°面に到達しません。
依頼主と相談の結果、追い込んで下さいとのことで時間を掛けて45°面まで削り込みました。

それでもフェースのセンター付近まで持っていくのがやっとで、外当たりは無理。
元々が極端に内当たりで造られていた模様。

マーカーで線を入れて切削量を確認しながら少しずつ削り込んで、45°面の幅を決めます。
インテーク側は約0.8mm、エキゾースト側は1.0mm付近を目標にします。

P4201215.JPG

こんな感じで光明丹でバルブシートとバルブフェース面の当たりを確認。
(まだこの写真は確認途中で、この後きちんと当たり部分だけの線を出します。)

良ければバルブコンパウンドで仕上げ、再度確認用の光明丹を入れて完了。

屋号について [ORIENTE VELOCE]

「ガレージやまねこ」を長らく使っていましたが、新しい環境が整ったのを機に「ORIENTE VELOCE」と
することにしました。

昔、いすゞのチューナーで「オリエントスピード」というのがあって、その名前のディテールを
頂くことにしました。
オリエントとは「東洋」という意味もあり、この字が私の苗字と名前に一文字ずつ含まれています。
そのままでは失礼なので、イタリアンに変形させました。
正確にはORIENTALEなのでしょうが、マセラーティの色に「ROSSO ORIENTE」というのがあって、
綴りを短くしたかったのでこれを拝借。

なので、

ORIENTE VELOCE

いすゞのエンジンを中心に展開していきますが、このカテゴリーは、ガレージで行った
雑作業が中心となる予定です。
つまんない部分に本質があるというのは良くあることですので。

現在看板製作中。
サブタイトルとして、IL MOTORI LABORATORIOと入る予定。
ここは私の実験室でもあるのです。




ORIENTE VELOCE ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。